人探しの問題と調査について

人探し調査の問題と探偵の調査力

調査業者へ人探しの調査依頼を出したとき、こんなことを聞かれたことはありませんか?
「捜索したい方と貴方の関係は?」とか「捜索したい方との間に何か問題はありませんでしたか?」とかです。
今挙げた質問は直接的な質問になるので、もっと依頼人へ配慮した言葉で質問をしてくる調査業者もあると思いますが、概ねこのような意味の質問がされます。
何故そんなことを答えないといけない!!
そんなこと聞かないで早く探してほしい!!
と思うかもしれませんが、これも調査業者にとって、または依頼人と捜索される人にとって大切なことなのです。

調査業者では、依頼を受ける際に、その依頼で調べる内容が犯罪または差別に使われないか確認をしなくてはなりません。
もしも調査で得た情報が犯罪に使われた場合には、調査業者も罰せられるからです。
そのため、調査業者は依頼人へ多くの質問をして、調査を行っても大丈夫なのか、犯罪に使われないかを判断する必要があります。
急いで捜索してもらいたい依頼人にとっては、質問にイライラしてしまうこともあるかもしれません。しかし、実際に調査業者へ依頼をした人物がストーカーであったり、復讐のために居所を調べてそれが事件に発展している例もあるのです。
そのため、調査業者へ依頼をするときには、探偵の質問に対してシッカリと答え、また探偵側がキチンと対応してくれているのか確認をして依頼人も調査業者の能力を判断する必要があるのです。