オンライン上での人探しの方法

人探しの別の方法

インターネットのサービスを使ったオンライン人探しは業者も利用する、人探しの手段の一つですが、あくまでこれは表面上の情報を集めるだけであり、これ事態が探している人、本人へたどり着くことができるのかと聞かれると、疑問が残ります。
では、人探しをオンライン意外でどうやってすればいいのでしょうか?
まず、もっとも当たり前と思われる人探しの方法は、警察に捜索願を出すことです。
「警察に捜索願なんて出して、事を大きくしたくない」と思う人もいるかもしれませんが、もしも家出した子供の捜していた場合、事件に巻き込まれてしまって命の危険があるかもしれない。親ならば当然心配すると思います。
警察に届けられる捜索願はほぼ100%で家族からの捜索願です。警察に届けを出しておくことで事件に巻き込まれていた時にいち早く対応してもらうことが望まれています。
他にも、所在が不明の人を捜すために、司法書士に依頼をして戸籍謄本を取ってもらうといった手段もあります。この方法は以前に住んでいた住所がわかっていた場合に取ることが出来る手段です。個人で取得することも出来ますがその場合には契約書を提出する必要があるので確認をしないといけません。また、転居届けが出されていない場合には住民票を見ても判らないので失踪の場合には捜索が困難になります。
他にも探偵事務所や興信所でも調査をしてもらうといった方法もあり、どの方法で人探しをするのか、もっとも適した方法を知ることが大事です。